やつはしブログ

なりたい人間になるための雑記

続・同僚に喧嘩を売ってしまったときの対応〜何故うわべだけの会話はダメなのか〜

  ↓昨日の続きです!

同僚に喧嘩を売ってしまった時の対応 - やつはしブログ

今日は、上辺の会話と本音のやりとりの違いを書きます。

 

翌日、同僚側から会話が

「こないだ、やつはしさんと喧嘩したよね」

 

…(((;゚Д゚)))どどどど

どうしよう、なんて答えよう、えっとえっと

 

「覚えてませんてへぺろ

 

サイテーです。お酒のせいにしました。

嫌われたくない、気まずくなりたくない、

傷つきたくない。

そんな思いが渦巻いて、忘れた、とシラを切りました。ダサい…

 

とりあえず、忘れたふりをしつつ「すいませんでした」と謝りました。

すると相手のリーマン「いえいえ」

 

怒ってない!!少なくとも、怒ってる様子を露わにすることで私を傷つけようとする悪意は無い様子!!

 

本音のやりとりを実感

喧嘩売った翌日から、

相手の反応を気にしてはため息。

自分の言ったことを思い出してはのたうちまわり、

何故こんなにカチンときてしまったのか?と自己対話に頭を悩ませ…

明日から絶対無視される…!!!

これらを何度も繰り返し、頭と心を強く揺さぶられました。

 

 f:id:ya2hashi:20171123002241j:image

↑終始こんな顔してました

 

なぜここまで震えてたのか。

冷静になって考えると、上辺と本音の違いは

「相手を丸ごと受け入れる器が、その場にあるか無いか」

なんだろうな、と思います。

 

私の話をします。

やつはしはいつも、「相手を本気にさせないギリギリのレベル」でコミュニケーションを取っています。

目的は気まずくならないこと。そのために、嘘やおべんちゃらを、息をするように自然にしています。「お互いの理解も何も進まない、ただ気まずくないだけの空間」を目指す、予定調和な会話。

 

でも今回は違います。

思いっきり気まずい

本気になってしまった

相手の出方が全くわからない

 

そんな状況だと、もう相手を信じるしか無い、と気づきました。

どんな状況になっても、尊重し合えるはず。気まずくても、価値観が違っても、分かり合えるはず。

そんな信頼がないと、本音のコミュニケーションなんて最初から諦めてしまいます。

そして私は、1人悶々としながら、内心諦めかけてました。(明日から絶対無視される!の下りです)

 

でも、少なくとも対話は続けてくれた。悪意をぶつけてはこなかった。

「いえいえ」の反応が、どこまで心を開いてくれたかは別だけど、、、

震えてた分、レスポンスがあったことにかなり安心しました。

 

 本音と上辺、違いの感覚

上辺の会話は、気まずくないから誰とでも出来る。その代わり、相手が誰でも意味は生まれない。

本音の会話は、気まずくなるかも…という不安以上に、相手を信頼する。相手を信頼すること自体がとても尊い行為であり、意味がある。

 

こんな感じが違いかな、と感じました。

長くなったので、続きは明日です!

おったのしみにー!  

 

 

 

同僚に喧嘩を売ってしまった時の対応

今日の記事は迷いと後悔だらけです

最初に宣言します。

ここ2日間、呆然としていました。

後悔、迷い、何が正しいのか…

分からないけれど、モヤモヤを晴らすための、

現時点で出た結論を書き残します。

ちなみに、喧嘩を売った同僚とは気まずいままです笑!何も解決してない…

 

泥酔してケンカを売る女

華金に飲みにいった際、

「君、上司のこと尊敬してないでしょう?尊敬してるって言葉で言ったって無駄だよ、態度がねぇ…」と言われました。半笑いで。

これになぜかカチンときてしまい、

「なに?私と上司の関係性の問題なんだから、あなたに関係ないでしょ?それか、言いたいことあるなら上司の名前なんて出さずに自分で言えば?」

と……

 

ちなみに同僚は年上で、普段敬語で話してて、仕事がむちゃくちゃできるエリートリーマン(以下リーマン)

対する私は仕事が荒くてしょっちゅうミスする腰掛け女社員。

社内でのリーマンの評価は最高、私は最低。

そして私はエリートリーマンに死ぬほどお世話になっている身……

 

お酒こわい

 

カチンときた原因を掘り下げよう

なぜここまでイラっとしたか、考えてみました。結果は二つ。

・「他人を尊敬する気持ち」という、感情の中でも私がかなり大切にしている部分について触れられた

・リーマンの価値観で、私の言動を勝手に評価された挙句、言いたいことを遠回しに言われた

 

この二つが、カチンの原因だと思いました。

 

まず、私は上司が大好き。大尊敬しており、もはや彼のために働いている節があります。

その気持ちに土足で入られたことに、まず不快感を覚えました。

率直に言うなら「お前になにがわかるんだよ」です。

 

次に、これは上の「お前になにがわかるんだよ」の気持ちとリンクしているのですが、リーマンの発言が、わたしにはこんな風に思えたんです。

 

上司への態度、尊敬していない言動を指摘

→リーマンの価値観で「尊敬してない」と決めつけた挙句、言動を指摘

→「お前の態度偉そうなんだよ、改めろ」と言っている

→私に指図するな(怒)しかも指図したいならキチンとそう言えや!

 

指摘通り、偉そうですね……何様……

 

とりあえず反省して、経験値にする

 

落ち込む気持ちは、これも経験!と受け止めることで、時間に任せて流します。それ以外に方法が無い。

 

この一件で、人に指図されることが大嫌いな自分に気づきました。

これがいわゆる「若手時代のトガってる期」なんですかねぇ、、、困ったもんです。

指図されることを受け入れられる道を模索します。

 

あと。月曜は勇気出して謝ります。

これも…多分経験値………

 

 

 

人生を語り合った夜、行動不足に気づいた夜。

久々に会う会社の同期とご飯

普段外食はしないですが、今日は久々の友人と洋食ディナー。

お互い遠く離れた地域で働いているので、年に何回かしか会えないのです。

 

会社の同期ですが、価値観が似ている貴重な友人でもあります。

そんな彼女と、仕事、恋愛、これからのこと、色々語り合いました。

 

自分なんてまだまだ、、、

ここ最近、自分を大事にして、小さな行動からコツコツ変えていこう!と、

自炊したり、早く帰ったりしていましたが…

 

まだまだでした。彼女は転勤のお願いを上の人にして、本当に努めたい土地で働くことになっていました。

 

彼女の話を聞く限り、自分にとって1番の幸せは何かを考えて、そして結論を出した。

その上で、なりたい姿に向けて、自分の環境を変えていることに感銘を受けました。

そして転勤願い…一緒に働いてきた人たちをやや裏切るような行為。いわゆる嫌われる勇気ってやつなのかな?をもって、恐怖に打ち勝って主張したこと、心から尊敬します。

 

同じことをもし自分がするとしたら?…ムリムリ、スケールが違う。そう考えてしまいました。

ムリなんてことない、できるのに。

やりたいことがみつかっ「たら」やるの?

もっと学生時代ちゃんとして「れば」よかった?

たられば話は嫌いだと自己分析していましたが、それとは関係なく、自分もしちゃってました。ガンガンに言い訳してます。

「自由に生きる!これに気づいたからもう最強あとは行動するだけー!」

「勇気出して高額なセミナー申し込んだ!」

「自分のためにお金貯めてフォトフェイシャルした!経験値ゲット♡

など、まだ行動面はお金出すだけしか出来てない。情けないです。

 

本当はどうなりたいのか?しっかり向き合います。

そしてメンタルリスクを取った行動を、起こします。

 

 

能動的に生きる!…もとい、食べる!

食い意地っ張りです

名前もやつはしにしてるくらい、八つ橋大好き。

でも1番好きなのはお寿司。お魚大好き。

オムライス、海鮮丼、お好み焼き、炭水化物はサイコー!

フルーツもお菓子も、甘いものは別腹。

 

とにかく食べることが好きで、1回の食事を本当に大事にしています。いかに心からその食事に満足するか?毎回命をかけて(!)います。

でも、それに気づいたのって最近です。

 

我慢しないをがんばる日々で気づく

自分を大切にするための「一日一善」地味に続けていますが、私にとって最も手軽かつ満足度が高いのが「好きなものを食べる」でした。

スーパーで、その瞬間に食べたいものを考えて、材料あるいはお惣菜を買うだけ。

けど、私にとってはコレが大きな第一歩でした。

思考ではなく感情に従い、能動的に何かを選ぶ

という行為をひさびさに実践すると、「自分のために生きてるー!」っていう感覚になります。

スーパーは私にとって戦場!多少手間でも、ちゃんと食べたいもの作る!!

その日の自分の満足度を決める…というか、100パーセント満足以外ありえないので、死ぬ気で満足度マックスまで持って行くために、かなり真剣に自分と対話しています!

 

美味しいものは万人好きだと思いきや…

と、このように日々食事に情熱を注ぐやつはしですが、

つい最近まで「ご飯はこの世の全員好きなこと」だと思っていました。

私は食い意地を張ってるとよく言われて来ましたが、美味しいものを食べようとしない方が私にとっては違和感でした。

 

でも、違うんですね。

私にとってはメイクやデパコスでテンションが上がらないように、お寿司やオムライスでテンション上がらない方もいる。

こないだ後輩が「夜ご飯食べるの面倒で、ポテチてきとーに食べて寝ました」って言ってた時はもう…もう!!なぜ!!と、自分との違いに愕然としました(笑)

 

おかげで、食事に情熱を注ぐのは、自分の個性であり、自分特有の情熱だから大事にしよう♡と思うことが出来ました。

 

ちなみに今日はレンチンお好み焼きでした♡おたふくソース大好き!!

 

 

 

 

ポケモン金を買いました

ダウンロード版!

ワニノコを選びました〜!!

 

性別が自動的に男の子なんだけど、選べないのかなぁ

明日調べよう!

 

17日発売のウルトラムーンも購入予定。

初めてのアローラ地方にわくわく〜〜♡

 

最近仕事はうまくいかないけど、1人の時間は順調!!

自分が何をしたいのか、分かるようになってきたかも。

明日もご機嫌でがんばりまーす!

 

【一日一善】洗い物を放置

洗い物を放置しています

いま、付け置きされたお皿がシンクにあります。でもねます。

理由は

やりたくないから!

 

やりたくないことについて

私の場合、やりたくないことは

やらないっ!というより、やりたくなったらやる、です。気持ち待ち。役者さんみたい(笑)

 

やりたい気分の時にやったらなんてことないんですよね、特に洗い物みたいな細かいものは。

 

 

ということで、寝ます。

荒れた部屋を片付けたいけど、お片づけ苦手…どうしよ、、、

おやすみなさい。

 

無条件で人を受け入れるということ

おばあちゃんに会いに行ってきました

特に用事もなかったのですが、おばあちゃんの家に遊びに行きました。

おばあちゃんは御歳九十五さい、ひとりぐらし。長生きです。

そんなおうちに、いわゆるご機嫌伺いに行ってきました。

初孫かつ女の子の私は、昔からおばあちゃんに溺愛されていました。

 

今回、おばあちゃんにとあるお願いをしたのですが、断られてしまいました。

そして「人にものを頼むときは、まず自分が与えなさい」

と、ごもっともなお叱りを受ける始末…

そんなこともありつつ、楽しくご馳走を食べて、一緒に志村動物園を見ながらおしゃべりして、たのしくお泊まりし、帰りました。

 

帰り際に違和感に気付く

帰り際、「思ってたご機嫌伺いと違ったな」と感じている自分に気がつきました。

そこで気持ちを掘り下げると、

自分はおばあちゃんに「何もしなくても愛してもらえる」を期待していたんだと気づきました。

おねがいを断られたのは仕方ないにせよ、おしゃべり中も

予定調和的におばあちゃんにあわせて相槌をうち、なんというか、色々と気を使っていた気がしたのです。

 

いつも気兼ねなく会って話していたのに、気を使うようになったのは、なぜなんだろうか。

いつまでも「かわいい孫娘」として甘やかしてほしい、という下心を持って、気を使うようになったのは、いつからなんだろうか。

……こんなに優しくてたくましくて、自分の顔にそっくりな大切な肉親から「優しさ」という感情をぶん取ろうとしてしまっていた。

 

軽く自己嫌悪になりました

他人をコントロールしようとすること

何かを与えてもらおうとすること

その人の富を横取りするような、非常に卑しい行為です。

 

それを肉親にしていた自分に、ショックを受けました。

解決策はひとつ。

自分を満たし、相手に与えられるようになること。

そうしないと、無意識に周りの人間から奪い、一時的に手に入れた気になっては幻だと気づき、また他人のものを欲しがる…という悪循環、自分の周りがどんどん痩せこけていく。

 

まとまりがない文章になってしまいましたが、かなり気づきの多い

もとい、傷つきの多いごきげんうかがいでした。

 

おばあちゃんが生きてる間に、自分で自分を満たせるようになって、

なにもしてくれなくても、そこにいるだけのおばあちゃんを大切にできるような、

真っ当な人間になりたいです。