やつはしブログ

読めばコミュニケーションが楽しくなる!OLが人間関係について考察します♪

演奏会に出演してきました!!舞台に立つメリットとは。

演奏会に参加しました

実は何年か前から社会人楽団に所属しており、年に数回、演奏会に出ています。

 

 

大変なことが多い(むしろそれしかない)ですが、それでもやっぱり、人前で演奏するのは最高にエキサイティングです!楽しい!!

 

舞台上から見えるものは、客席だけではない

 

人前に立つ機会を定期的に設けることで、否が応でも気持ちの変化が起こります。

その変化とは人それぞれなのですが、言ってしまえば限界が見えることですかね。

 

演奏会って「本番でいい演奏ができるか」が全て。新人だろうが何だろうか、お客さんは本番の日の演奏1回しか聞いてくれませんからね。

 

それを頭では分かってても、練習ではどっかで言い訳したい気持ちが抜けないのが人情。

「今日は調子悪い」「まだ慣れてない」みたいな言い訳、してしまいがち。

 

でも、いざ舞台に立って、お客さんを見渡すと… いい結果を残すには、この一回きりしかチャンスが無いってこと、思考を飛び越えて本能で理解するんです。それが知り合いだらけの場所で、「ちょ、もう一回やらせて!」と言える場だとしても。

「本番」っていうのはそれほどまでに、重要性の高い場面なんです。

 

だから、本番の瞬間だけは皆んな本気でやるんです。

 

…そして失敗する(笑)

 

 

 

その瞬間に、自分の本気ってこの程度なんだ、って、悟るんです。

 

 辛い現実を突きつけられて

実際私の体感だと、

これを30回くらい体験して、やっっっと

準備段階で自分に言い訳しないように、なり始めました。でも、まだまだ、ついつい言い訳しちゃいます。

 

 でも、こういう機会がないまま育ったら、確実にもっと怠惰な人間になってたなーと思います。

 

音楽から教えてもらったことは多いですが、

その中でも「本番」の威力について、今日は書きました。

他にも色々あるので、いつか書きたいです。