やつはしブログ

なりたい人間になるための雑記

【断れない】断わらない自分って良い人!という幻想

コーヒー買いに行こ〜を断れない

集中してるのに、、、

コーヒー欲しく無いのに、、、

今上司の手が空いてて話かけるチャンスなのに、、、

 

断れない〜〜!!!

_| ̄|○

 

 

なぜ断れないのか

★相手を傷つけたく無い

★いい人だと思われたい

ズバリこの2点です。具体的には

・自分にとってもいい休憩になるし…

・フットワーク軽い人だと思われたいし…

・断ったら気まずくなるかもしれないし…

・下手な断り方で傷つけたく無いし…(私自身、はっきり物を言いすぎるタイプで、「ちょっとやめときますー」とバッサリいっちゃいそうで怖い)

などなど、まさに

 

空前絶後のォォォ!!!!

超絶怒涛のダサ女!!!!

自分への嘘、自意識過剰、他人のせい…

全ての言い訳の生みの親ああああああ!!!

 

って感じです。書いてて情けない!!

 

明日からやめます。

あと、言い訳だけど、私は基本的に会社の人とは距離を置きたいキャラになってて(自分の気持ちに従って、飲み会断ったり、嫌な会話からは意図的に席外したりしてたらそうなった。本望)

「普段かなり飲み会を断るor誘うなオーラを出してる」というのを引け目に感じ、

困らない程度の誘いなら受けなきゃやな感じかな?と思ってた。

 

でも、本心ではイヤだった。

休憩は1人でしたいし、自分の仕事のペースもあるし、何より他人に振り回されてることにすごい違和感を覚えてた。

なんであなたのコーヒーを買う工程に付き合わないといけないの???

 

…こんな風に恨むくらいなら、断った上で仲良くした方が絶対良い。

明日からは、「今ちょっとバタついてるんで♡」「さっきスタバで飲んじゃってお腹いっぱいなので♡」「一緒に行くとおかし買っちゃうんで、遠慮しときます♡」で断ろう!!

 

小さいところから、自分の感情に素直になるぞー!